スポンサーリンク
ひな祭り♪お雛様の役割に驚愕!3人姉妹家庭の雛人形の飾りや処分は?
スポンサーリンク

3月3日は【ひな祭り】

女の子のお祝い行事です。
女の子がこの世に誕生し初めて迎える3月3日を迎える年からお祝いをします。
成人になるまで、毎年雛人形を飾りますが、ひな人形が女の子の身を守ってくださいますので、大切に飾って頂きたいですね♪
そのお祝いにも意味のある飾りつけや食事をしますが、恒例のイベントなのに、知らないこと沢山あります。 少し調べてみましたので参考にしてください♪

スポンサーリンク

ひな祭りのお雛様の役割に驚愕!

ひな祭り

古来日本の『ひな祭り』は、中国で行われていた『桃の節句=上巳の節句』と呼ばれていた行事の節供が3月に行われていたところから、この行事が日本に伝来したそうです。 この桃の節句が年々日本の風習と融合し『ひな祭り』に発展し、日本の年間行事となっています。

このお雛様飾りは本来は、紙などで作った人形で身体を撫でて、息を吹きかけ、その紙人形に罪穢れ(つみけがれ)を移してから海や川に流すという祓いの行事でしたが、この紙人形も時代の経過と共に豪華な雛人形へと変わり、鑑賞用のひな人形の様になっていますが、大切なお嬢様方の身代わりとなっていたお雛様だったのです!

つまり、飾りで座っているお雛様は長年のお守りとして護身してくださっているのですから、飾る時と飾り終えて片付ける時には、神社での参拝の様に、感謝の気持ちで翌年までお休みいただきましょう♪

現代でも、鳥取県の地方では『流し雛』という形残っているそうです。

3人姉妹のご家庭での雛飾りは?

守護神のお雛様であれば、3人姉妹のご家庭では3人のお雛様の準備が必要になってきますよね! 初孫や初めてのお子様には、高額なお雛さまの飾りを購入されるご家庭も多いかと思われますが、流石に3台飾る場所や収納も大変かと思われますので、次女、三女のお嬢様の為に『お内裏様とお雛様』を準備されては如何でしょうか?

現代の豪華なお雛様飾りは・・・
宮中の皇室の結婚式をイメージされているそうですが、そのお雛様飾りには・・・
・お内裏様とお雛様
・三人官女
・五人囃子
・随身
・仕丁
・・・が段ごとに並んで、お祭りの行事を支えられています。
このお嬢様の身代わりや護身であること知ると『3月3日のお雛様祭り』も、新たな気持ちで迎えられますね♪

このお祭りは伝統と風習と言っても、時代と共に高級で高額になってきたので、格安のひな人形で心のこもったお祝いをされるのも良いのではと感じます♪
3人姉妹が結婚し独立する時には、お雛様の役割役目は果たされますので、三女の方を最後に飾り台や装飾品も片づけられると良いですね♪

スポンサーリンク

雛人形と飾りの処分はどうする?

神社どんど焼き
お正月を迎える行事では『歳神様がやってきて』人々に幸せになる様にとやってきてくれます。 この時も、歳神様と共に御馳走をふるまい、感謝の気持ちを持って歳の始まりとなります。

歳神様が、山に戻られたら鏡開きで『鏡餅飾りやしめ縄飾り』を片づけます。
その最適な片づけ方として神社で15日にどんど焼きで燃やされますので、ご家庭の飾りも一緒に片づけて頂きます。

お雛様飾りも同様です。
お雛様という守護神が毎年身を守ってくださっていました。そのお役目に感謝の想いで、神社での処分をお願いしたいですね。しかし、飾りが大きいのでお人形様だけをお願いしてください。

まとめ

『ひな祭り』の過ごし方もはいろいろですが、3人姉妹のご家庭では、新たな情報としてお役に立てて頂けましたでしょうか? 『ひな祭り』のイベントを素敵に優雅にお過ごしされ、お役目果たされたお雛様のご供養をされてからお別れしましょう♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事